2009年10月の記事一覧

運用したくても資金なんてない?

子供の将来の教育資金や老後の生活費など、将来のための蓄えについて、心配で、なんとか貯蓄するだけでなく、運用して増やそうという気持ちが多くの人に芽生えていますが、

もんだいは、その資金自体が無いという点ではないかと思います。
給与は全てほとんどが生活費、いえ、多少貯蓄できたとしても、それを全部資産運用には回すべきではありませんよね。

運用はあくまで、なくなってもいいお金でやらないと、失敗した時に人生が破綻するようでは意味がありません。

将来に備えてチャレンジした結果、今の生活がだめになるのでは、資産運用なんてしない方がいいのです。

給与の中から、やりくりして資金を作る事が出来る人は、まだ貯蓄もできるわけで、その分は将来に対するリスクは少し低いわけですが、それすらできない人こそほど将来の備えが必要であるのに、その手立てを打てないというのは困りものです。

タグ

2009年10月 9日|

カテゴリー:資産運用全般

モラトリアムって本当にできることなの?

今の円高はどうしようもない感じです。円高というより他の通貨化が弱いという状況が変わらないので、まだ2年3年つ続くのではないでしょうか、

株かも<行ったり来たりで、今日はなんとか1万円台をキープしているようですけれども、まだまだ回復の見込みはないと思います。

こんななか、借金の棒引き、モラトリアムが話題に上がって、金融株が売られるようなことまででてきています。

現実的に、亀井さんの個人的な意見なので、無理な話ではないかとおもいますかけれど。

実際に、歴史上起きた、鎌倉時代の徳政令だって、幕府の差ならる衰退につながったといわれていますので、モラトリアムが実施されたら、ろくなことは起きないと思います。

ルール―を突然変更しますなんて、あり得ない話だと思いますからね。

タグ

2009年10月 4日|

カテゴリー:資産運用全般

今後の年金はどうなっていくのでしょうか?

政権交代がなされて、民主党政権にかわりましたね。期待は年金の抜本的な改革で、老後の安心が産まれるかも・・・とも思いますが、しかしそう簡単ではなさそうです。

今迄積み重なってきた無駄や制度のひずみは、政権が変わったからと言って一年やそこらで解決はできないでしょう。

何しろ景気が悪く、子供が減り、人口が減って高齢化していくのですから、祖添える土台がないのですから、無理な話です。

タグ

2009年10月 1日|

カテゴリー:資産運用全般