円売り海外投資は慎重に

円売り海外投資は慎重に

震災や、原発事故で、日本売りになるのではないかと思いましたが。 ほんとに一時的なもので、大して円安にはなりませんでしたね。 いやはや円はとても強いですね。

こんなに強い日本なのに、震災前からも、円を変えて、海外に投資して、資産を守れという人達がたくさんいます。

日本は破綻して、円が紙くずのようになるというのです。しかし、こうしてみると、ちょっとそのようなことは起きるのはおもえません。

外貨や学国債権の投資をしてもらうと、自分に利益があるので、大げさにあおっているに過ぎません。

今の極端な円安は、いづれは円安に向かうと思います。為替というものはそういうものですからね。

ただ、現実的なことを考えておくべきてせす。
日本が、海外に持っている資産は、日本国内の1.6倍です。
日本では、世界一の債権国だという事を、あまり国内ではいいませんが、実は海外は認識しています。ではその認識はとても高く、日本が破綻するというのならば、その前に世界が破綻しているはずです。

先に世界一の債権国の日本が、破綻するわけはないのが現実です。
世界の債務国が日本に返済できなくなると、日本は歯棚に追い込まれるかもしれませんが、ということは債務国が先に破たんしていることになりますからね。

だから円は安心して買われるののです、震災や原発事故がおきても、海外に日本の資産があるのですから。

海外投資は、けして悪くはありませんが、にわかに、円はダメだと吹聴する輩に載せられて、資金の多くを海外に投資してしまうと、円高の長期化で、含み損ばかりという事になりかねません。

タグ

2011年9月27日|

カテゴリー:資産運用全般