ローン

低金利のローンを選ぶにはどうしたらいいのか?

0-73.jpgローンにも色々ありますが、一般的に言えることとしては、個人向けであっても事業主のためのビジネスローンであっても、基本式には、ノンバンクのローンよりも銀行のカードローンの方がたいていの場合低金利です。さらに言うと目的を限定した、つまり使途を限定したローンの方が金利が低くなります。

そして借りる額が大きいほど低金利になります。ただし、これは信用が大きいほどと言い換えたほうが良いかもしれませんね。

大きな金額を借りられることじたい返済能力が高く、信用度が高い必要があるからです。

目的別では当然のことながら、金額が大きくなる住宅ローンが一番低金利となると思います。

2016年5月22日|

カテゴリー:ローン

お金を借りる時は、返す時のことも考えること

028.jpgお金が必要な時、特に急いでいる時、とにかく早く借りることばかりを考えがちになります。そして後々、後悔する事になる事もおおいのです。

大きなローンを組む時などは特に、慎重に、返済の時のことまでよーくシミュレーションして借りなければなりません。

どうしても緊急な時に借りてしまったお金がある場合は、より金利の低いものに借換えをするなど、すでにお金を借りる時に失敗している場合は音からの対策もできない事もありませんが、

お金を上手に借りることができれば、暮らしを良くしますが、下手に借りると、逆に生活を苦しくもします。お金は借りる時こそ返す時のことを良く考えるべきだと私は思います。

2014年10月 3日|

カテゴリー:ローン

最初に作るなら総量規制にかからない銀行カードローン

011.jpg総量規制ができてから、年収によって借りられる限度額が決まってしまうので、カードローンを作る時は、初めから、総量規制の対象外の銀行のカードローンを利用したほうがいいでしょう。

ノンバンクのカードローンの方が審査が早いですし、審査にも通りやすいでしょうが、ノンバンクのキャッシングを利用していて、総量規制いっぱいになってから

銀行のカードローンに申込をすれば、当然債務残高があるので、審査も厳しくなりますし、審査で金利を決めるカードローンの場合、金利の面でも不利になるかもしれません。

2014年6月13日|

カテゴリー:ローン

お金を借りるならもちろん金利が低い時に

かなりの金融緩和の日本ですが、長期金利は上昇傾向にあるようですから、そろそろ低金利が続くという見方を捨ててもいいかもしれません。

金利も上がりだしたら早いので、今は変動金利の方が有利ですが、住宅ローンなどでしたら、やはり固定金利が安心ですよね。

精神的には、今変動金利でローンを組んでいる人は、借り換えして安心感を得たほうがいいかもしれません。

多くの住宅ローン金利が少しずつUPしていますが、消費税駆け込み需要があるのを狙いたい銀行は、逆に金利を下げて顧客確保に動いているところもあります。

2013年8月26日|

カテゴリー:ローン

貸すより借りる方が得な金利。

世界も日本も軽視が割る気、金利が低い時は、何をやっても大して投資で儲けることはできないかもしれませんね。

金利が低いので、公社債など安全な投資では、あまり資金は増えません。だからといって、リスクの高いものにするのも今はとても危なさそうです。

投資するだけがお金を増やす方法ではありません。逆に融資を受けてる方が、金利の低い時代は得というものです。

月賦やローンで、購入する者が特にお得で手に入るというわけです。

タグ

2011年9月28日|

カテゴリー:ローン