お金を借りるならもちろん金利が低い時に

お金を借りるならもちろん金利が低い時に

かなりの金融緩和の日本ですが、長期金利は上昇傾向にあるようですから、そろそろ低金利が続くという見方を捨ててもいいかもしれません。

金利も上がりだしたら早いので、今は変動金利の方が有利ですが、住宅ローンなどでしたら、やはり固定金利が安心ですよね。

精神的には、今変動金利でローンを組んでいる人は、借り換えして安心感を得たほうがいいかもしれません。

多くの住宅ローン金利が少しずつUPしていますが、消費税駆け込み需要があるのを狙いたい銀行は、逆に金利を下げて顧客確保に動いているところもあります。
うまく、そういうところを狙って、固定で住宅ローンを組むことができれば、低い金利で借りることができてお得ですよね。

物価上昇と、金利上昇、消費増税で、住宅購入のコストはまず上がっていくことは確かだと思います。

今買えるのならば今が金利も低くタイミング的にはいいのだと思います。

ただ無理して今ローンを組むというのも得策ではありません。

景気を下支えするための住宅ローン控除が消費税導入後アップするので、頭金もないのに、無理してローンを組むのは間違いだと思います。

2013年8月26日|

カテゴリー:ローン