リボルビング払いの種類と借り方の改善。

リボルビング払いの種類と借り方の改善。

最近はリボ払い専用のカードなんてものもできて、そのまま使うだけで、全部リボ払いにっなてしまうというものがあります。

個人的に、リボ払いはキャッシングするよりもリスクが高く、危険な借入方法だと思っていますので、注意喚起のためにも、リボ払いの返済について、どんな種類があるのかまとめておきたいと思います。

ほとんどの場合、一定額借入金額が増えても、毎月の返済金額が変わらない定額リボ払いだとおもいますので、定額方式についてまとめておきます。

この定額方式には、元利定額リボルビング方式と、元金定額リボルビング方式というものがあります。
両方とも定額という名前ですが、返済金額が毎月変わらないのは、元利定額リボになりますので、ほとんどのリボ払いはこの返済方法にっなていると思います。

これは、例えば毎月5000円筒の支払いとするとした場合、この中には借入した金額の利息の返済も含まれているため、実際に返済している元本部分は、5000円に満たない金額になります。

この支払方法でも、新たにリボ払いにしたものが無ければ、元金が減っていきますので、返済は順調に行われます。

しかし、新たにリボ払いを加えた時、元金が増えるため、利息の支払い分も増え、同じ5000円の支払いでも、元金の返済部分が減ってしまいます。

つまりこれを貸されるほど、元金の返済割合が減り、利息の支払い部分が増え続けていき、返済しているにもかかわらず、元金はあまり減っておらず、キャッシングを重ねているような状態に陥ります。

これに対して、元金定額リボ払い方式の場合は、常に一定額の元金を返済し、それとは別に、金利を支払うということになります。

この方が返済期間も短く、支払う利息も少なくてすみます。

最近はリボ払いでのショッピングを簡単にしてしまう人がいてちょっと怖く思います。

リボ払いするよりも銀行のカードローンで借りたほうが金利などで特になると思います。

銀行のカードローンは総量規制の対象とはならないので専業主婦でも借りられるカードローンもありますから、リボ払いがたまってしまっていたら、カードローンで一回返済して、低金利のカードローンの方で返済したほうが良いかと思います。



2013年11月20日|

カテゴリー:キャシング